弔い

人間生きていれば必ず死にます。
今はまだでも、これから先必ず誰かの葬儀に参加、もしくは自分自身が喪主となって参加しなければいけない時が来ます。
日本の葬儀は仏教の形式で行われており、非常に手間がかかる上に値段が高い事で有名です。

現在、日本で葬儀を上げる場合にかかる費用は平均的に見ても300万円と言われており、中々に高額です。
家族葬やより簡単な葬式に変更したとしても、一式行う場合には100万円程度かかる事になります。
これは悪魔でも葬儀にかかる費用であり、お墓やお寺に渡す為のお布施等はここから別で支払う必要があります。

昔は家族葬にしないでも、簡素な葬式にしないでも家に蓄えがあり、自分自身もそれなりの会社に就職して安定した暮らしが出来ていました。
その為に葬儀費用は必要なお金であり、十分に支払う事が出来るだけの金額だったのです。
しかし、現代で葬式を家族葬以外の形で行おうと思えば、非常に大きな金額が必要になります。
蓄えも無く、本人の仕事も不安定で貯蓄も無い。
そんな状態になる人が非常に多く、今葬式について問題が多く起こっています。

家族葬以外にも、直葬を利用すれば非常に安価に費用を抑える事が出来ます。
しかし、そこから更に供養を行おうと思えば更にお金が必要になってきます。
葬儀にはそれ独特のマナーもあります。
更に、これまで親が管理していた家や土地、財産に支払い、かけていた保険の対応と言うように様々な問題が発生してきます。
当日になって焦らないで良いように、しっかりと今ここで勉強し、対処できるようにしておく必要があります。
遅かれ早かれ、必ず誰しもが経験する事になる葬式や家の整理の事、しっかり大人として考えられるようになって下さい。

話題のサイト

ぬくもりのある家族葬をしてくれるのは[奈良の家族葬 葬儀社ナビ]
東京での葬儀はこちらにおまかせ|龍黄社

カテゴリー
  • カテゴリーなし
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Search
Archives